三重県伊勢市の会員制賃貸マンション

定期建物賃貸借・住宅総合保険

定期建物賃貸借契約とは

定期建物賃貸借契約とは、借地借家法第38条に「定期建物賃貸借」について規定されており、その最大の特徴は「更新条項のない賃貸借契約」という点にあります。従来の一般的な「更新」を前提とした賃貸借契約(普通借家契約)と異なり、定期借家契約では、定められた契約期間が満了すれば必ず契約が終了します。つまり、借主さまと貸主が取り決めた契約期間を双方が守るという、公平な契約になっています。

この場合、契約が終了するというと借主さまの立場からすると退去しなければならないと思われるかもしれませんがそうではありません。パークレジデンス河崎では、原則的に再契約を前提とし、契約満了時には再契約をしていただき、長く住み続けていただくことを考えています。

借主さまにメリットがある『定期建物賃貸借契約』

本来、居住環境というものは、入居者様がお引越しをして実際に生活を始めなければ建物の内部の状況や住み心地はわかりません。たとえば、お隣に「迷惑をかける方(夜中に騒ぐ、ゴミ出しのルールを守らない等、注意しても改善しない)」及び家賃を支払ってくれない方が入居していた場合に、『定期建物賃貸借契約』においてはそのような入居者様を一定期間で退去していただくことができますので、このマンションの居住環境・近隣関係等を良好に保つことができます。優良な入居者様の方にとってはお互いに住み心地のいい物件となります。

住宅総合保険について

賃貸物件の契約にあたり、最初の壁となるのは連帯保証人です。お近くに家族が住まわれていなかったり、他に引受けてくれる人がいない場合があります。更に連帯保証人の要件も重要視されていますので、連帯保証人になって頂ける人を探すことはとても大変なことです。

そこで、『パークレジデンス河崎』では、保証会社を利用することによりこの問題を解決し、連帯保証人を不要としました。ですから、借主さまご自身の信用力のみでご入居することが可能です。さらに、ご加入して頂く『住宅総合保険』には、保証委託をはじめ家財補償、賠償責任、口座振替、駆け付けサービス、各種優待サービス等が総合的に含まれていますから借主さまにとって利便性が高く大変メリットのある内容となっています。

初期費用として月額賃料の50%、毎月の保険料として1,750円必要です。

ただし、この住宅総合保険に加入していただくことが入居の条件のひとつとなっていますのでご了承下さい。

ページトップ